この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

加圧トレーニングはなぜよく効くの?

加圧するとどう違うのか

加圧トレーニングを行うことで、身体にはどういった違いが現れるのでしょうか。さきほどもお伝えしたように、加圧することでより一層血液の循環がよくなるという作用がありますが、それ以外にもさまざまな変化が生じます。

たとえば、加圧時に酸素不足となることによって、血液中の乳酸濃度が上昇します。それによって何が起こるかというと、高い濃度の乳酸が筋肉の受容体を刺激して、成長ホルモンの分泌が促進されるといいます。

また徐圧後には、加圧時に上昇した成長ホルモンが体脂肪を燃焼させるので、より効果的なダイエットやメタボ対策につながります。また成長ホルモン自体が身長を伸ばすことに効果を発揮したり、美肌やアンチエイジングに効果を発揮したりと、身体に有用なはたらきをします。こうしたメカニズムにより、加圧トレーニングは他のトレーニング方法に比べて、さまざまな効果が得やすいと言われているのです。

加圧トレーニングの際の注意点

そのように大きな効果を発揮してくれる加圧トレーニングですが、もちろん他のトレーニングと同様に取り組む際の注意点がいくつかあります。こうした点を守らないと十分な効果が得られなかったり、身体に危険が及ぶこともあるので、必ずこれらを守ってトレーニングに取り組むことが大切です。

たとえば加圧の際には、必ず専用の加圧ベルトを使用することが重要です。また加圧トレーニングの専門資格を持ったインストラクターによる指導を受けながらトレーニングを行わないと危険です。インストラクターから適切な助言と圧の調整をしてもらって、はじめて安全かつ有効なトレーニングができると考えましょう。

またそれ以外にも、加圧ベルトは足と腕の両方に同時に巻いてはいけないという点も重要です。加圧トレーニングでは足の付け根や二の腕にベルトを巻くと効果的とされますが、両方にベルトをつけてトレーニングを行うのは禁じ手なので、注意しましょう。


TOPへ